益子陶芸美術館

益子で観光するなら是非!!

陶芸の里、益子は有名な作家さんの高額な物からリーズナブルな価格の物までたくさんの品揃えです。掘り出し物も多く、ゆっくり、じっくり品定めが楽しいです。どのお店も気さくで感じが良く、無理に勧められる事もなく、いつもお気に入りを見つけて満足して帰宅します。そんな益子焼の魅力を紹介する複合施設が益子陶芸美術館です。益子陶芸美術館では、各企画展では人間国宝の故・濱田庄司などの作品を展示しています。敷地内には旧濱田庄司邸・登り窯・笹島喜平館(木版画)・陶芸工房があります。陶芸工房では、ろくろ・手びねり・絵付けの陶芸体験が出来ますよ。(要予約)

益子陶芸美術館/概要

陶芸美術館には人間国宝の故濱田庄司の作品とゆかりのある作品を展示するほか、益子在住の作家の秀作などが展示されています。また敷地内に「旧濱田庄司邸」を移築し、その前には濱田庄司が生前に愛用した登り窯も復元されています。

益子陶芸美術館/魅力

益子陶芸美術館では昔ながらの益子焼を見ることが出来ますし、とにかくいろんな種類があります。益子焼を有名にした濱田庄司の作品をはじめ、氏ゆかりの陶芸家の作品を展示。陶芸工房では陶芸教室も行っています。敷地内には濱田庄司の旧宅を移築、登り窯も復元されています。年齢関係なく楽しめる陶器が展示され、購入可能です。また、陶器市だけかも知れませんが、益子焼き以外の特産品も買うことが出来ますよ。陶器市は大変混むので待ち合わせにもいいのです。駐車場もありますし、お手洗いもあるので、観光ツアーで来られる方も多いようです。

「陶芸メッセ・益子」

江戸末期より栃木県芳賀郡益子町を中心に発達した益子焼。陶芸メッセ・益子は展覧会や制作体験により、益子焼の面白さや奥深さをじっくりと堪能できるスポットです。常設展では人間国宝・濱田庄司や島岡達三の作品を展示。敷地内に移設された旧濱田庄司邸ではこれらの作品が生み出された場所そのものを見ることができます。たっぷりと作品を鑑賞した後は、オリジナルの焼き物制作にトライ。絵付けや器づくりが楽しめます。

「陶芸メッセ・益子」のおすすめポイント

「陶芸メッセ・益子」で是非とも足を運んでいただきたいのが、無料スポットの人間国宝、故濱田庄司邸です。倉敷の大原美術館で濱田庄司の作品は沢山見かけたのですが、全国的にそれほど名が通っていない益子の作品が美術館に並ぶのか、不思議に思ってましたが、こちらで説明を読んで納得。伝統的な益子焼というより、陶芸家が移り住んで逆に益子焼を全国レベルに押し上げたってことだったのんですねえ。さて、濱田庄司邸ですが、江戸時代後期に造られたというわらぶき屋根のなかなかの豪邸。きれいに磨き上げられた床など見事でした。といっても、大陶芸家の作品との関連という意味では余り関係ない感じもします。美しい古民家見学という印象もあります。

「陶芸メッセ・益子」の敷地案内

メッセ益子の敷地内には、故濱田庄司の作品などを展示した陶芸美術館、移築された「旧濱田庄司邸」、復元された濱田庄司愛用の登り窯などがあります。

「陶芸メッセ・益子」/旧濱田庄司邸の概要

江戸時代後期に市貝町市塙で建築され、その後茂木町下菅又に移築されたもので、1930年(昭和5年)、濱田庄司が購入した最初の建造物です。土間は改造し初期の作陶の場となっていました。その後は国内外の訪問者の交流の場としても使用されていました。1989年(平成元年)益子町指定文化財に指定され、同年に陶芸メッセ益子内に移築保存されました。

  • 建築年代:江戸後期
  • 構造:木造平屋建寄棟造茅葺
  • 規模:間口 23.394m 奥行 11.692m

益子焼きと濱田庄司

益子町が全国的に有名なのは、益子焼があるからです。そして、益子焼が有名になったのは、何よりも濱田庄司の功績だと思います。濱田庄司の邸宅が陶芸メッセ内に移築され、公開されています。

益子焼きのあれこれ

益子焼きは江戸時代末期に、茨城県の笠間で修行した大塚啓三郎が益子に窯を築いたことにより始まったといわれています。その後、庶民の生活用品として陶器が製造されていましたが、1927年(昭和2年)、濱田庄司が益子に定住し創作活動を開始すると、民芸的な作風によって益子焼の名が全国に知れ渡るようになりました。1979年(昭和54年)、通商産業省から、伝統的工芸品に指定されました。現在、益子焼の窯は400近くあると言われています。

濱田庄司について

  • 濱田庄司は、1894年(明治27年)神奈川県橘樹郡高津村(現在の川崎市)溝ノ口で生まれます。
  • 1913年、東京高等工業学校(現東京工業大学)窯業科に入学、板谷波山に師事し窯業の基礎科学面を学びます。
  • 1916年同学校を卒業後は、先輩の河井寛次郎と共に京都市立陶芸試験場にて主に釉薬の研究を行います。この頃、柳宗悦、富本憲吉やバーナード・リーチの知遇を得ます。イギリス留学後、1927年から、益子町で作陶を開始します。殆ど手轆轤のみを使用するシンプルな造形と、釉薬の流描による大胆な模様を得意としました。
  • 1955年(昭和30年)、第1回の重要無形文化財「民芸陶器」保持者(人間国宝)に認定され、益子焼きの知名度を一気に押し上げました。
  • 1968年(昭和43年)には文化勲章を受章しました。
  • 1978年(昭和53年)益子にて没します。享年83でした。

春の陶器市

春の陶器市は益子の陶芸メッセを中心に毎年GWに開かれます。ちなみに秋もあり、秋はシルバーウィークに行われます。本当に多くの方が出展されていて、作家さんの作品を直接購入できるのが楽しいです。徒歩で移動できる範囲内にびっしり出店されているので回りやすいのでお勧めです。色々な陶工が出店を出していて、ぶらぶら歩きが楽しい場所です。陶工のそれぞれの特色が出ていて面白いです。

オススメブース

私のお気に入りは若手作家さんの陶器ブースです。昔ながらの作りのブースやB品を安く売るブースも楽しいです。地元のおばあちゃん達が、野菜やお惣菜も売っていて便利です。道幅が狭いので小さな子供連れは注意が必要です。益子の地元の方々は、本当に優しい方ばかりです。全体的にリーズナブルな品々です。

オススメポイント

食器が好きな方には初日がオススメです!人気のある作家さんの作品だと、初日で売り切れになってしまうこともあります。私はいつも初日に行くのですが、何度か都合がつかず、2日目に訪れたこともあります。やはり初日の方がある程度見たいものを吟味できたような印象です。食器以外にも美味しい出店や作家さんと直接お話しができることが楽しくてすっかりはまっています。

店舗案内

  • 営業時間 9:30~17:00(2月~10月)・9:30~16:00(11月~1月)
  • 休業日 月曜日(祝日の場合は翌日)
  • 料金 大人600(550)円、小・中学生300(250)円、65歳以上300円 ( )内は20名以上の団体料金※企画展によって異なります。 住所 栃木県 芳賀郡益子町益子3021
  • TEL 0285-72-7555
  • FAX 0285-72-7600
  • 駐車場 有
  • クレジットカード 使用不可
  • アクセス 真岡鐵道益子駅から徒歩20分
  • その他:有料(陶芸美術館・笹島喜平館共通) 無料(陶芸美術館内サロン・ミニギャラリー、旧濱田邸・登り窯)

益子陶芸美術館と益子焼窯元よこやま

せっかく益子陶芸美術館に来たのであれば、他にも益子の魅力を味わってみては?と思い、ここでは益子陶芸美術館 陶芸メッセ・益子の近くのスポット『益子焼窯元よこやま』をご紹介します!

益子焼窯元よこやま紹介

手軽に陶芸が楽しめる人気の窯元。本格的な電動ろくろを回して作る「ろくろコース」、粘土遊び感覚で自由な形つくりや絵付けを楽しめる「手ひねりコース」、そのどちらも楽しめる「ろくろ&手ひねりコース」が。いずれもスタッフが丁寧に指導してくれるので小さな子も大丈夫。子供ならではの自由な発想で個性豊かな作品ができ上がるはずです。陶芸を楽しんだ後は敷地内のカフェやレストランへ休憩を。豊かな自然と澄んだ空気の中、益子焼きの器でいただくランチやドリンクはまた格別です。また森の工房に小さなパン屋さんもオープン、香り豊かな自家製パンを片手に敷地内にある野草園の散策もおすすめです。

益子焼窯元よこやま紹介/案内

  • 住所 栃木県芳賀郡益子町益子3556-3
  • 電話番号 0120-696-864
  • 営業時間 09時00分~17時00分 最終受付:15時30分
  • 定休日 月曜日※月曜日が祝日の場合は営業して翌日がお休み
  • 元旦休業、臨時休業有り
  • 駐車場料金 無料

益子焼窯元よこやま紹介/料金

子供の料金

  • ろくろ体験:4000円~5000円前後(焼く作品によって異なります)
  • 手びねり体験:3000円前後(焼く作品によって異なります)
  • ろくろ&手びねり体験:6000円前後(焼く作品によって異なります)
  • ※別途送料がかかります(作品を引き取りにくる場合はなし)

大人の料金

  • ろくろ体験:4000円~5000円前後(焼く作品によって異なります)
  • 手びねり体験:3000円前後(焼く作品によって異なります)
  • ろくろ&手びねり体験:6000円前後(焼く作品によって異なります)
  • ※別途送料がかかります(作品を引き取りにくる場合はなし)

益子焼窯元よこやま紹介/交通情報・アクセス

【車の場合】

  • 常磐自動車道笠間西ICより約25分で益子市内へ
  • 東北自動車道真岡ICより約25分で益子市内へ

【電車の場合】

  • 真岡鐵道益子駅下車 徒歩20~30分
  • ※益子駅からの無料送迎あり。※ゴールデンウイーク中は不可

---------------------------------------------------------------------------